Kindle電子書籍

2019年6月28日〆 第34回 家の光童話賞

第34回 家の光童話賞

主催ホームページ

応募要項

締め切り 2019年6月28日

必要ページ数

A4サイズの用紙を使用し、1枚20字×20行、5枚以内で、縦書き(題名は含めません)

※手書き、パソコン、ワープロ可

ジャンル

「農業」「食べ物」「ふるさと」「自然」を題材にした作品。
ただし、昔からその土地に伝わる民話は除きます。
農作業や食卓など、日々の暮らしを通じて感じたことや考えたこと、子どもたちに伝えたいことを、あなたならではの自由な視点でお書きください。
対象は就学前後の子どもです。子どもたちが自分で読んでも楽しめ、読み聞かせても喜ぶような物語を求めます。

  • 家の光童話賞(1編) 賞状、盾、賞金30万円
  • 優秀賞(4編) 賞状、賞金各10万円
  • 佳作(5編) 賞状、賞金各1万円

発表

『家の光』2020年1月号誌上。
家の光童話賞および優秀賞受賞作は、2020年1月号以降に順次掲載。

選考委員

鬼塚りつ子(児童文学作家)

小森香折(児童文学作家)

きむらゆういち(児童文学作家)

山下明生(児童文学作家)

『家の光』編集長

過去の受賞作

第33回

家の光童話賞

(1月号掲載)「いちごがり」日比茂樹

優秀賞

(2月号掲載)「おじいちゃんの新しい車」佐藤爽音

(3月号掲載)「ジャパンブルーはゆめの色」石本 湖

(4月号掲載)「のびのびパッパ」片山ひとみ

(5月号掲載)「だっこく船、 しゅっぱつしんこう」吉原達之

佳作

「ふるさとの路線バスの行き先は」金谷 博

「運動会にはおにぎりだよね」中村康子

「ばあちゃんの弁当箱」蝉塚聖理

「大根と僕の綱引き」せとうちひかる

「おじいとくんちゃん」飯野國隆

第32回

家の光童話賞

(1月号掲載)「コピー、できません」 栃木県佐野市  山下雅美

優秀賞

(2月号掲載)「ゆずさん」佐和木美奈子

(3月号掲載)「かえしておくれ!」岩本和博

(4月号掲載)「みことフルーツポンチ」川島えつこ

(5月号掲載)「なわとび、ゲーコッ」花里真希

佳作

「みかん電車」村上あつこ

「うそだんご」大橋幹子

「おいしいみかんのたべかた」松坂慎也

「ぼくの、はたけ」赤木きよみ

「はたけのやさい」前田浩子

第31回

家の光童話賞

『五月のかがみ』山下みゆき

優秀賞

『とも君のトマト』高橋ひろみ

『そら豆たべたら、おばけがでたぞ』岩間敏雄

『かみなりパーティー』花里真希

佳作

『ぬか床ぬか右衛門奉公へゆく』遠藤亜沙未

『こんもり山のニットばあちゃん』はやしまき

『畑のヘルパーさん』佐々木耀子

『春いちばんのともだち』かんざきやえこ

『トマト』鶴田貴子