Kindle電子書籍

2020年5月31日〆 第3回 人生十人十色大賞

第3回 人生十人十色大賞

主催ホームページ

応募要項

締め切り 2020年5月31日

必要ページ数

長編部門

400字詰め原稿用紙換算で50枚以上(上限なし)(文字数概算 約2万文字以上)

短編部門

400字詰め原稿用紙換算で2~8枚(文字数概算 約800文字 ~ 約3千文字)

 

注意

応募は文字数ではなく、400字詰め原稿用紙換算枚数で規定されています。

文字数は執筆にかかる時間のイメージとしてご利用ください。

ジャンル

両部門とも、ご自身の人生やご家族の歴史をテーマにした広義の自分史・半生記を募集。このテーマを扱っている限り、エッセイ調や私小説風など、作風やジャンルによる区別はございません。
日記や身辺雑記等の短編をまとめた作品も歓迎。
また、文字が主体となる作品である限り、本編に写真やイラストが含まれていてもかまいません。

長編部門

  • 最優秀賞 1点
    文芸社より書籍化・出版
    副賞として賞金30万円
  • 文芸社特別賞 1点
    賞金10万円
  • 毎日新聞特別賞 1点
    賞金10万円

短編部門

  • 30作前後を選出し、合同作品集を制作し出版

発表

2020年8月下旬 最終結果発表

文芸社ホームページにて発表。入賞者には本人に通知。

選考委員

運営委員会を文芸社内に設置し、一次から最終までの作品選考を行います。
なお、最終選考会においては、毎日新聞社の記者が加わり選考を行います。

過去の受賞作

第2回

長編部門 最優秀賞

『マレタイム』佐々木 真紀

長編部門 文芸社特別賞

『七転び八起き、きっと明日は晴れる!』安田 直子

長編部門 毎日新聞特別賞

『母の遺言』西国 葡

短編部門

多数のため、こちらのページでご確認ください。

第1回

長編部門 最優秀賞

『お日さまも笑ってる 今日もいい天気「ドラ猫の女房が語る昭和家族の物語」』林日南子

長編部門 文芸社特別賞

『神戸モダンの女』大西明子

長編部門 毎日新聞特別賞

『ブルーノート日記』下代裕人

短編部門

多数のため、こちらのページでご確認ください。